2018年に遊んだボードゲームまとめ

2018年まとめ系記事第2弾。本当は「買ってよかったもの」をまとめたいものですが、なにせ買い物の失敗が多いものであまり書くことがありません。w

今回はボードゲームまとめ。今年からカードゲームだけでなくボードゲームにもハマったので、こちらをまとめていきたいと思います。

ラブレター

まず最初に購入したボードゲーム、ラブレター。ボードは無くカードですが。

相手の手札を推測して脱落させ、最後まで残った者が勝利します。
ルールもカードを山札から一枚引いて一枚使うという凄くシンプルなので、ボードゲーム初心者にもとっつきやすいゲームになっています。

試合時間も短時間で終わりますが、プレイヤー人数が増えると初手で脱落した人が暇になるのと、試合が長引いた末生き残り組がどちらも姫を持っていて勝負つかずになったりするので、そこは注意が必要です。

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥1,445
(2019/01/17 13:57:05時点 Amazon調べ-詳細)

現在はさまざまな派生ゲームが出ていて、自分の好みに合ったラブレターゲームが楽しめます。
僕はクトゥルフ神話のと恋文版が気になっていますね。

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥2,160
(2019/01/17 13:57:05時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,404
(2019/01/17 13:57:06時点 Amazon調べ-詳細)

犯人は踊る

ドンキで購入して友達の家で徹夜して遊んだゲーム。

ラブレターと同じく相手の手札を予測して、1枚だけ存在する犯人カードを持っている人を当てるゲームです。

このゲームの面白いところは「犯人は踊る」とあるとおり、犯人カード渡すことができる点ですね。ここが人狼と違い、先まで犯人探しをしていた人がゲームの最後には犯人に変わってる可能性もあるのです。

犯人として勝つか、探偵として勝つかの駆け引きが面白いゲームです。

created by Rinker
すごろくや
¥1,283
(2019/01/17 13:57:06時点 Amazon調べ-詳細)

テストプレイなんてしてないよ 白

これまでのゲームとは打って変わってゲームよりバラエティーグッズよりの「テストプレイなんてしてないよ」。

その名の通りテストプレイなんてされてないであろうカードたちが次々と現れてきます。

カードの効果を見てるだけでも面白いですし、実際にプレイすると更に面白さが増します。

友達同士でやったら盛り上がること間違い無しのゲームです。

このブログでも取り上げたことがあり、ただゲームをプレイするだけでなくカードを自分たちで作ってみても面白いんじゃないかと思います。

一時は品薄でプレミア価格がついたり転売されたりコピー品が出回ったりしましたが、生産量が増えたおかげで今では正規の値段で本物を買うことができます。

My turn!Blog phase!
https://saka-mo.com/playtestwhite
ボードゲームから読書やら
 My turn!Blog phase!

カタン

ボードゲームといえばこれでしょ、という「カタン」。
ようやくボードゲームらしいゲームが出てきました。

舞台は無人島で、島を表すタイルにミニチュアの家や道を立て、無人島を開拓しポイントをGETするゲームです。

試合中に建築コストである資材カードをプレイヤー同士で交換ができるため、心理的な駆け引きも味わうことができます。

無人島タイルの組み合わせは2兆個もあるので、毎回違う試合展開が繰り広げられます。

created by Rinker
GP
¥2,539
(2019/01/17 13:57:06時点 Amazon調べ-詳細)

テストプレイなんてしてないよ 黒

テストプレイなんてしてないよ 白の続編。

ブルーカードとか新たな種類のカードが出てきて、更にゲームをハチャメチャにします。

しかし身内では本格ボドゲのカタンの後に買ってしまったのでイマイチ盛りあがらなかった感。どこかでリベンジしたいところ。

バカゲーは初見が最大瞬間風速なので気をつけましょう。

created by Rinker
コザイク(cosaic)
¥3,500
(2019/01/16 16:51:10時点 Amazon調べ-詳細)

ドミニオン

カードゲーマーなら絶対にハマるボドゲ「ドミニオン」。

デッキ構築型ゲームという新ジャンルを築いた元祖で、今ではこのゲームを参考に作られたゲームは様々あります。

ルールは一見複雑そうですが、すぐに慣れるようになっていて、基本的に自分のデッキにあるお金を使って強いカードを購入していくゲームになります。

購入できるカードは1種類10枚までなので、売り切れる前に購入しなければいけない他、ゲームに勝つためにはポイントカードを購入しなければいけませんが、ポイントカードはゲーム終了まで何の役にも立たないので、いかにデッキの回りを良くしてポイントを貯めるかが鍵になります。

ドミニオン自体にも様々な拡張が出ているのもいいですね。

拡張なしだとガチで勝ちを取る戦法が単純でつまらない動きしかできないため、研究し尽くしたら拡張を買うのをオススメします。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥4,000
(2019/01/16 16:51:10時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

本当はもっとボドゲを買いたかったのですが、お金の使い方が下手であまり買えませんでした。

今は「桜降る代に決闘を」「スシゴー パーティー」あたりを買いたいなと思っています。

はやく「アグリコラ」は再販して??

created by Rinker
バカファイヤーパーティ(BakaFire Party)
¥3,780
(2019/01/16 16:51:10時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ヘムズユニバーサルゲームズ株式会社
¥3,218
(2019/01/16 16:51:11時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥17,200
(2019/01/16 16:51:11時点 Amazon調べ-詳細)