僕が実用書にブックカバーをつけるのをやめた理由

 

僕は持ってる漫画全巻にブックカバーをつけているのですが、これまでその延長で実用書とか自己啓発本にもブックカバーをつけていました。
カバーと言っても僕がブックカバーには透明のやつと本屋でつけてくれるような紙のカバーがありますが、僕がつけているのは透明のビニールのやつですね。

それで最近まで何気なく透明のブックカバーをつけて本を読んでいたんですが、突然気づきました。
「実用書にブックカバーいらなくね!?」

キレイに読もうとしてしまう

というのも、実用書にカバーが付いていることによってキレイに読もうとしてしまうんですよね。
だから、汚さないように変に気を使ってしまうし、それが心理的な抵抗となって本を何回も読み返さなくなるのではないかと思いました。
ブックカバーが破れないように本を読んでいた事に気づいた時は、一体何のために本を読んでいるんだ!と自分を叱りましたw

一応ブックカバーをつけるメリットとしては本を中古で売るときに状態がいいから高く売れるってところですかね。
僕もよくメルカリで本を売るんですが、カバーを付けていた本は強気の値段設定ができます。(そして売れます。)

だから一回読めば満足できるぐらいの本であればキレイに読んでもいいでしょうが、
何回も読んだほうがいいようなお気に入りの本はさっさとブックカバーからはずして本の質感を楽しみながら読書したほうがよさそうってのが今の結論です。

漫画はバリバリにカバーつける

とまぁ、実用書にブックカバーをつけない試みは置いといて、漫画にはカバーつけるってのは変えないでしょうね。

漫画の表紙ってそれ自体が作品な感じして、傷ついたり汚れたりしたらやじゃないですか。好きなキャラクターの表紙だったら特に。

そんなこと言ったら実用書だって表紙も作品と言えるんですが、カバーを付けると質感というこだわりが味わえないのと、むしろ本はたくさん読んでくたびれてるほうが味がある感じしません!?

と、理由から漫画にはカバーつける派でいきます。
ボドゲもカードスリーブ入れる派ですしね。

あれっ、ボードゲームはカードの質にもこだわってるからノースリーブが正しい道では!?
すごろく屋はドミニオンをスリーブに入れて遊ぶことを想定しないという前提でドミニオンパンツを作ったのでは!?

…っていう疑問はまた別の機会に。

え?TCGのレアカードもレリーフが凝ってる=質感を楽しむもの?
いや、あれは投機商品でもあるから✋(笑