読後感が凄い!『ルビンの壺が割れた』感想レビュー&軽い考察【ネタバレ全開】

図書館で借りてきた『ルビンの壺が割れた』を読んだので感想レビューを書いていきます。

読む前の印象

「ルビンの壺が割れた」というタイトルなので、アルジャーノンみたいな脳の恐ろしい現象を書いてるのかな、なんてぼんやり考えてました。

本屋でもアメトーークでも宣伝されていて、ネタバレをどこかで踏まないうちにと読んだ次第です。

以下ネタバレ注意

読んだ感想

自分が好きなタイプどんでん返し系ですね。

話の全容が見えなくとも、後々語られるであろうから勝手に脳内保管して読み進めていくうちに、とんでもない勘違いをしていたことにラストで気づかされるのです。

今回のルビンの壺では、水谷の「30年つらい生活をしていた」は
「結婚式に逃げられて病んでしまったのだろうなぁ、だから精神的につらそうって未帆子も言っているのだろう」とか、
「優子のポルノ写真が警察に没収された」のも
「持ってるだけで捕まるし、るろうに剣心の作者もそんな感じだったしな このことも水谷を苦しめた一因になったのだろう」
なんて調子で読み進めてたので、まさか最後…ねぇ?

ミステリー系のどんでん返し系は苦手です。
怪しくない人掘り下げられてない人犯人であることがままあるからです。

それならこういった作品のように一部怪しい面が見えつつ物語が進行して、最後にどーんとひっくり返すほうが面白いです。

似たような理由でイニシエーションラブも好きです。

軽い考察

結局水谷がFacebookで連絡を取ったのは30年前の復讐をしようというものでした。

なので住所を聞こうとしたり苗字を聞こうとしたりしていたのが、淡い感情によるものではなっかたのは明らかです。

それ以外に考察しがいがあるのは水谷がまず最初に千葉に住んでいることを話したことでしょうか。
優子はもしかしたらそれにつられて自分も住所をばらしてしまったのかもしれません。

大学の演劇部時代に香山に嘘の日程を教えたのは誰だったのでしょうか。
未帆子でもあり得るし、宮脇も関係を持っていたので、頼まれて仕組んだ可能性もあります。他の一部の男子部員でもありうる。
まぁ、本編の重要な部分に比べれば些細なことですが、未帆子が演劇の面でも裏でこそこそやるタイプだったのかというのが気になります。

あとはラストの一文ですね。

とっとと死にやがれ!」

というセリフはこれから水谷に降りかかる災難を考えればスカッとします。

しかし一方でこうしたメッセージをネットで送ることが争いの火種になりえることを僕らはよく知っています。
こうした側面に目を向けると、スカッとするのとはかなり違った不穏な雰囲気が醸し出されませんか?

本当に水谷は逮捕されるのか?怒りに支配されて他の殺人を犯していないだろうか?
本当に未帆子の住所を特定できていないのか?

チャットという文字で捨て台詞を履いた時、それがどんな事態を招くのかはほとんどの人に予想できます。
その悲惨な結末が未帆子に襲い掛からないことを祈るばかりです。