万年筆 キャップレスデシモ F 一週間使ってみた感想 「ノートを書くのが楽しすぎる!」

キャップレスデシモを買って一週間がたちました。

買った時はよくわからずにFを買ったので「Fを買ったのは間違いだった!もっと太いのがよかった!」という感じでしたが、

www.saka-mo.com

 一週間使ってみた今では

「キャップレス最高!」

 

みたいな気分です。

 

実際に使ってみた感想や、使い道について書いていこうと思います。

※結局サイズBの方も買いました。Mと迷いましたが、どうせ書き分けできるので、より太いBにしました。早く届いて。

 

色はダークグレーマイカ。黒と迷ったけど黒は黒すぎたのでグレーにしました。

使い道はノートに考えをバーッて書く

基本的にノートは大学の講義をメモしたり、本やためになる動画の内容を「3wordテクニック」で書くように使っているので、基本太字メインなんですが、
キャップレスデシモFは「自分の考えをとりあえず紙に書く」用に使っています。

例えば「ずっとやりたかったことをやりなさい」に出てくるトレーニングの「モーニングページ」や、ブログのネタをとりあえずどんなことを書くか?考えるために書いたりします。

 

今まではVコーンというボールペンをつかっていたのですが、それよりもはるかに早く書けます。
Vコーンも100円くらいで他のボールペンよりも早く書けるんだけどね。

 

「Vコーンより早く書きたい!」ってときはユニボール エアを使っていたんですけれど、速度が増すことに「キュッキュッ」と嫌な音がするのと、早く書きすぎて頭空っぽになっちゃう(そして手を止めると書く意欲がなくなってしまう)のでした。

 

キャップレスデシモFはそこら辺のところ、やはり違います。

 

速度は「考えがまとまるよりは遅く、自分の思ってるスピードより少し速い」くらいです。
これがちょうどいいんです。
もたもたしないし、話題が尽きて手が止まることもない。

 

流石1万円するだけあります。

 

インクの渇きVS筆記速度

自分の考えとかを神に書き出しているとき、一番楽しいのは「インクの渇き」との戦いです。

 

文字を書いてる最中に
「今書いてる字を前の前の字のインクが乾く前に書き切る」
という制約を課し、高速で文字を書いていきます。

 

これがゲームをしているようで面白い。

 

途中で別のことに気が散ったりしなく、集中も続くので良いです。

 

Fの細さでこれだけ勝負になるなら、Bの太さではどうなるか楽しみです。